以前は朝も夜も洗顔料を使いましょうと言われていたのに、最近では朝はぬるま湯洗顔がよいと聞くようになりました。朝でも洗顔料は必要だという意見と、朝はぬるま湯だけで充分という意見、どちらにも理由があります。

朝も洗顔料を使う理由は、夜眠っている間でも人は常に代謝し、汗をかき、肌の皮脂は酸化していきます。余分な皮脂は水だけでは落とせないので、洗顔料で洗う方が良いのです。
一方、ぬるま湯洗顔推奨派の意見は、眠っている間の汚れや皮脂は、ぬるま湯で充分落とすことができるので、洗顔料を使ってしまうと皮脂の落とし過ぎになり、乾燥肌につながると言います。

どちらの意見にも納得させられてしまいそう。
ぬるま湯洗顔だけで、皮脂や汚れの70%は落ちると言います。皮脂は天然のクリームなので、落とし過ぎはよくありません。だからといって、残りの30%をほっておいてよいのでしょうか?酸化した皮脂は、肌に悪影響を与えます。そこでポイントになるのが、肌質です。脂性肌なら朝も洗顔料できちんと不要な皮脂を落とす必要があるでしょう。

乾燥肌や敏感肌なら、朝はぬるま湯洗顔で十分です。混合肌なら、気になるTゾーンにだけ洗顔料を使って洗顔する、という方法もあります。

洗顔料の種類や正しく洗えているかによっても、洗顔力は変わってきます。どちらの洗顔が向いているかは肌質や洗顔料しだいなので、ぬるま湯洗顔がはやっているからという理由で切り替えてしまうのは危険な気がします。自分の肌質を見極めた上で、どちらがよいか試してみてください。

妊娠したら乾燥肌になった

11月、冬支度を始めようかな~という時に妊娠が発覚しました。つわりに苦しみながら冬突入。今まで夏にニキビができるくらいで、そこまで肌には苦労したことがない私が苦しむことになったのが乾燥でした。

12月入ってお風呂から上がった後、なんか痒いなとせなかをぽりぽり。掻き始めたら止まらなくなり背中が真っ赤っか。なにか”できもの”でもできたかなと心配になりましたが特に何もなかった。

何だろうと、その日はそのまま寝ました。次の日の朝、背中が痒い!と朝起き背中を見てもらうと何もない。ネットで調べたところ、妊娠すると肌質が変わるという記事を読みました。

乾燥肌になったかなとその日からクリームを塗る毎日。最初は背中、そのあと手足も痒くなりました。お腹が大きくなる頃にはお腹も痒くなり妊娠線予防も兼ねクリームを塗りました。

いくつかクリームを試しましたが、私が一番聞いたのが「ニベアスキンミルクしっとり」。お風呂がありは必ず塗りました。痒くなったら塗るという方法で日中過ごしました。

妊娠中はずっと乾燥肌でしたが、出産を終えた途端元に戻りました。お腹にもなっていたおかげで妊娠線もできずに出産できました。今まで肌に悩んだことがない私でしたが、ホルモンバランスが乱れると起こるんだとこれからも気をつけていきたいと思いました。