20代のときは全然気にもしなかったのですが、いよいよ30代に突入して日中の乾燥が気になってきました。

朝や帰ってからの保湿は十分に行えているのですが、1日の半分以上をメイクして過ごしているのでその間のお肌への負担を考えると恐怖で…

エアコンの効いている室内で仕事をしているので出社して時間の経過とともにお肌が裁く状態になっていくのがわかります。
日中の乾燥のせいか、加齢もあってか、毛穴たるみも気になるように。

そこで、日中メイクのうえからの保湿を心掛けるようにしてみました。
市販で化粧水ミストなんかもありますが、化粧水だと蒸発して逆に乾燥の原因になってしまいます。ミスト状のものを選ぶならオイルが含まれているものを選び、しっかりと混ぜて使用してください。

私は乳液で対応をしています。水分の蒸発を防ぎ、水分を留めておく役割があります。少量を手のひらに取りメイクが崩れないようにそっと包み込むように保湿します。

小さめのボトルのものを持ち運んでトイレ休憩の際などにこまめに塗るようにしました。
すると、仕事終わりの毛穴の開き具合が全然違う!!

メイク崩れが気になる方は、乳液を塗った上から軽くスポンジかティッシュで押さえ、ファンデーションもしくはパウダーを重ねると乳液が化粧下地の役割も果たしてメイクしたてのお肌にすることができます。

毛穴の悩みには、毛穴パックよりも保湿が効果的

鼻の横のあたりの毛穴が目立つのが嫌で、ずっと気にしていました。

最初にはまったのが毛穴パックです。シートタイプから洗い流すタイプまで、いろいろな毛穴パックを試しました。毛穴が目立つのは汚れが詰まっているからで、パックをすればきれいになると信じて継続していましたが、いっこうに効果はでませんでした。

効果がないなら意味がないので、毛穴パックはすっぱりやめてしまいました。調べたところ、毛穴パックを繰り返すことで、余計に毛穴が開いてしまうこともある、ということでした。

そこで、毛穴のことを気にしすぎることをやめ、肌全体のきめを整えることを目指すことにしました。きめを整えるためには、肌のターンオーバーを正常にすること、そのために丁寧な洗顔と保湿が大切です。洗顔を、泡で優しく丁寧に洗うように見直しました。そして、洗顔のあとは毎回、保湿パックをすることにしました。

毎回パックをするのは面倒なようにも感じますが、習慣になってしまうと楽です。パックの後は乳液でしっかり保湿しました。

これを繰り返すことにより、肌のトラブルはなくなりました。気にしていた毛穴も以前より目立たなくなりました。毛穴を目立たなくするには、毛穴パックよりも保湿パックの方が効果的だと学びました。